経営方針

ホビオン社の経営方針―品質、衛生・安全・環境・エネルギー、人的資源、イノベーションと企業家精神―そのものがホビオン社の価値観を表しており、文章でも明確化されています。

経営方針

 

品質に関するポリシー

ホビオン社は品質に責任を持っています。製造依頼があれば適用可能な製造工程を精査し、適格であることを確認した上で瑕疵(例えば、製品上のエラー、再作業の必要性、製品の不具合や使用者の不満足)のない製品を納入し、最終使用者である患者の皆様へ高い品質と安全性の確保された製品を提供します。

 

衛生・安全・環境・エネルギーに関するポリシー

ホビオン社では従業員の安全、施設の整備、環境の保全は常に最重要の課題であり、ホビオン社の成長に戦略的意味となる項目であると捉えています。そのため衛生、安全、環境保全の原則に基づき事業活動を推進してまいります。

 

的資源に関するポリシー

ホビオン社の従業員はホビオン社にとって最も重要な資産であり、ホビオン社の継続成長の為にそれぞれが任務に対し責任感を持ち、最善を尽くして専門性を深めるのが不可欠であることを共通認識としています。

 

イノベーションと企業家精神としてのポリシー

イノベーションはホビオン社製品の品質向上に不可欠な要素であり、業務内容を緻密なものとするだけでなく、システム化を促進し、完成速度を早めてくれる基本要件です。企業家精神を保持し続けることによってリスクを新たな価値に転換でき、ホビオン社の競争力はさらに向上していきます。

 

ミッションステートメント

ホビオン社は製薬業界の多くの企業と強固なつながりを持っています。ホビオン社は製造に関連する様々な実務を受託し、GMP適合製品を提供します。そして、革新性があり且つ困難な課題にあえて重点を置いて成果を示すことにより、お客様や規制当局、そして競合他社から常にナンバーワン企業として認識されることを目指してまいります。

 

倫理規範

ホビオン社のミッションと事業内容は全従業員の強い責任感を必要とします。ホビオン社は従業員が倫理規範を遵守し、ホビオン社の価値観を共有し、経営方針に基づいて活動することを期待しています。      

また

企業理念

ホビオン社の企業文化は、お客様第一の精神、科学的厳密性、チームワークに価値観を置くことによって成り立っています。

ホビオン社のあゆみ

1959年にホビオン社はイバン・ビラックス及び他2人のハンガリー人亡命者であるニコラス・ド・ホルーティーとアンドルー・オノディーによって設立されました。その為、会社名は三人の名前にちなんでホビオンと命名されました。

事業内容

ホビオン社はお客様である製薬企業が新規医薬品やジェネリック医薬品の販売を行う上で必要な業務を全社にて支援しています。