経営陣

ホビオン社は同族経営の国際的な企業グループです。

ホビオン社は1959年にイバン・ビラックスにより創立され、今も同族経営を続ける企業です。ビラックス家のメンバーと経験豊かな従業員らが取締役会を形成し、経営を担っています。また、役員や従業員の一部が株主として20%の自社株を保有しています。

最高経営責任者(CEO)が取締役会のサポートの下で事業経営を実行しています。

取締役会はホビオン社の事業活動を統括し、取締役一人ひとりが特定の事業分野の責任者となっています。

詳しい情報は当社のホームページwww.hovione.comに記載しています

 

また

企業理念

ホビオン社の企業文化は、お客様第一の精神、科学的厳密性、チームワークに価値観を置くことによって成り立っています。

ホビオン社のあゆみ

1959年にホビオン社はイバン・ビラックス及び他2人のハンガリー人亡命者であるニコラス・ド・ホルーティーとアンドルー・オノディーによって設立されました。その為、会社名は三人の名前にちなんでホビオンと命名されました。

事業内容

ホビオン社はお客様である製薬企業が新規医薬品やジェネリック医薬品の販売を行う上で必要な業務を全社にて支援しています。

経営方針

ホビオン社の経営方針―品質、衛生・安全・環境・エネルギー、人的資源、イノベーションと企業家精神―そのものがホビオン社の価値観を表しており、文章でも明確化されています。